診療案内

診療体制

外来担当医師のお知らせ

[月曜日~土曜日]
伊藤勝敏(いとうかつとし)院長の診療となります(水曜休診日)。
[日曜日・祝日]
関連施設である昭和大学医局員による外来となります。医局長の高木先生をはじめ、整形外科専門医の診療になります。
基本的に、初診・リハビリテーションのみの御利用となります。
再診・継続的な治療を要する患者さま、紹介状をお持ちの患者さまは院長外来にての受診をお願いいたします。

整形外科

整形外科専門医による、適切な診断と治療、丁寧なわかりやすい説明

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷をはじめ、腰痛や肩こり、首の痛み、関節の痛みなど、日常的に起こる身体の痛みを診療します。交通事故、労働災害にも対応しております。椎間板ヘルニア、五十肩、神経痛、腱鞘炎、しびれ、外反母趾、偏平足、骨粗鬆症などご相談ください。

スポーツ整形外科

スポーツ相談、アスレチックリハビリテーション

スポーツ中の繰り返し動作で生じるスポーツ障害には予防も肝心です。スポーツ外傷と言われるスポーツ特有のケガは、一般の整形外科的傷害と異なることがあります。当クリニックではスポーツドクターの資格を持ったドクターが診断、あらゆるスポーツ相談を行います。

リハビリテーション

それぞれの疾患に合わせた適切なリハビリテーション

患者さまのニーズにこたえるため、ドクターを中心に理学療法士などによるチーム医療を行っています。理学療法のほか、運動療法、ストレッチング指導、テーピング指導も行っています。手術後のリハビリテーションなどもお気軽にご相談ください。
また、リハビリ室には、ウォーターベット型マッサージ器や、電動自動けん引装置、半導体レーザー治療器など、医療機器を各種取り揃えております。

  • ウォーターベット型マッサージ器

  • 電動自動間歇牽引装置

  • 半導体レーザー治療器

装具外来

※要予約(詳しくはお問い合わせください)

患者さまの体に合わせた装具作成

大学病院でも装具外来をしている義肢装具士(国家資格保有者)とドクター、患者さま本人が一体となって取り組む外来です。
患者さまが実生活の中で安心して装具を使用できるよう、医師の指導のもと、義肢装具士が一人一人異なる身体に合わせて作ります。コルセット、足底板、靴、サポーター、杖などの採寸、作製を行います。

pagetop